施設案内

施設概要

施設名称
練馬区立牧野記念庭園
英語表記
Makino Memorial Garden
所在地

東京都練馬区東大泉6-34-4

MAP

電話/FAX
[電話] 03-6904-6403 
[FAX] 03-6904-6404
開園時間
午前9時から午後5時
※ただし、企画展と講習室での映像視聴は午前9時30分から午後4時30分まで
休園日
火曜日が祝休日にあたる場合は、その直後の祝休日でない日
年末年始(12月29日〜1月3日)
入園料
無料

記念館

記念館は、博士の遺品や関連資料を展示する施設で、博士が亡くなるまで暮らしていた邸宅の跡地に建てられました。現在の建物は、内藤廣氏の設計による2代目の記念館で、平成22年8月にリニューアルオープンしました。

記念館外観
常設展示室

館内の常設展示室では、解説パネル、博士愛用の採集道具や描画道具、博士の執筆した書物や描いた植物図などが展示されています。それらの見学により植物研究に一生を捧げた博士の姿をたどることができます。

常設展示室
企画展示室

館内の企画展示室では、年に3~4回、博士や植物に関する展示が行われます。平成24年には博士生誕150年の特別展を、平成28年には大泉転居90年の企画展を開催しました。博士の功績とともに、博士にならい植物のおもしろさや植物を学ぶ楽しさを伝えていきます。

企画展示室

書屋展示室

鞘堂に守られた内部に、博士の書斎と書庫の一部が保存されています。博士は晩年、庭で植物の観察を行い、この書斎で著書の執筆や植物の描画などに勤しみました。また、書庫には4万5千冊にも及ぶ博士の書籍が、所狭しと積み上げられていました。その書斎の様子を再現する取り組みが令和5年春に公開予定で行われています。当時を伝えるこれらの建物では、植物と歩んだ博士の在りし日が偲ばれます。

書屋外観

講習室

講習室では、企画展関連の講演会やボタニカルアート講座、夏休みなどの時期にあわせた標本製作や缶バッジ作りなど子どもも大人も参加できるイベントが開催されています。また、室内にモニターが置かれ、博士の生涯や功績についての映像を見ることができます。

講習室

ダウンロード