【企画展】画工 水島南平 花を描く

会期

2024年2月3日(土)-2024年3月31日(日)

2024/01/22

会期:令和6年(2024年)2月3日(土)~3月31日(日)


展示:午前9時30分~午後4時30分
会場:記念館企画展示室
企画展についてのお問い合わせ先:TEL:03-6904-6403
E-mail:makinoteien@mist.ocn.ne.jp


開園時間:午前9時~午後5時
休園日:毎週火曜日
所在地:練馬区東大泉6-34-4

水島南平(1879-1950)は、牧野富太郎著『日本植物図鑑』(北隆館 1925年)や『牧野日本植物図鑑』(北隆館 1940年)の作図を担当した一人です。また、牧野博士が昭和16年ごろから取り組んだ「万葉植物図」では、博士指導のもと万葉集に詠まれた植物を描きました。東京都農林総合研究センターには、水島のサインがある園芸植物と家畜・家禽の水彩画が収蔵されています。これらの存在から、大正時代にその前身である東京府立農事試験場で栽培飼育される動植物を記録するという仕事に水島が携わっていたことが判明しました。本展ではそれらの図を同センターより借用して展示します。また、芍薬の様々な品種を描いた図も併せて展示します。これらのうち1点に水島のサインがあり、調査したところ神奈川県立農事試験場で刊行された『着色図入芍薬之研究』(1932年)の原図であることが明らかになりました。水島が両試験場で作図を担っていたことはほとんど知られておらず、このような栽培品種や家畜を描いた水島の作品は、本展での展示が初公開となります。水島の今まで知られていない側面を示すことで生物を描画するという仕事を生涯にわたって挑み続けた水島を改めて知る機会になれば幸いです。

企画展の関連イベントとして、2月12日(月・振休)、3月20日(水・祝)に

ギャラリートークを行います。

時間:①午前10時30分~、②午後2時30分~ 20分程度 

定員:各回20名(先着) 無料

場所:牧野記念庭園 記念館 企画展示室

申し込みボタンをクリックし、ご希望の日時の〇をクリックして申し込みください。

 

原則、練馬区在住、在勤、在学の方を対象としています。

当園からのメールを受信するため、受信設定をしている場合は、あらかじめ設定を解除、

あるいは下記ドメイン指定受信設定を行ってください。〔@makinoteien.jp〕