牧野記念庭園情報サイト
Tomitaro Makino タイトル画像
HOME
スケジュール
庭園について
牧野富太郎について
交通案内 ブログ




About Tomitaro Makino
牧野富太郎
Dr. Tomitaro Makino
(1862-1957)
Tomitaro Makino was born in Kochi, on 24th April 1862. He is one of the most famous botanist in Japan. In 1940, he published “An illustrated flora of Nippon by Dr. T. Makino”, a reference work that remains indispensable to professional botanists and enthusiasts today.


★最新の情報は練馬区公式ホームページをご参照ください。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、ご利用にあたっては、事前の検温、手消毒、マスクの着用、身体的距離の確保、連絡先の提供等にご協力をお願いいたします。



牧野富太郎博士をモデルに朝の連続テレビ小説が制作されます。
放送予定は2023年春で、タイトルは「らんまん」、主演は神木隆之介さんです。
詳しくは NHKのホームページ をご確認ください。


【牧野富太郎生誕160年記念特別展】
植物に彩られた我が人生
―牧野富太郎を描いたアート絵本『まきのまきのレター』

会期:2022年4月9日(土)〜6月19日(日)
企画展示:午前9時30分〜午後4時30分(入場無料)
開園時間:午前9時〜午後5時
休園日:毎週火曜日(5月3日(火)は祝日のため開園し、5月6日(金)が休園となります)
場所:練馬区立牧野記念庭園記念館 企画展示室
交通案内

広告


【展示案内】
『まきのまきのレター』は、牧野富太郎博士(1862-1957)が現代の私たちに話しかけるかのような言葉と、それを表現する美しいイラストレーションが織りなすアート絵本です。本展では、絵本の原画などを展示し、『まきのまきのレター』の世界を紹介します。また、原画を手掛けた佐々木香菜子氏に本展のために制作していただいた牧野記念庭園を描いた作品と、春の庭をテーマにしたライブペイント(開連イベントを参照)の作品も展示します。さらに、作中で語られる「花や草木に興味をもってほしい」という牧野博士の思いを受け、日常で見つけた花や草木の写真を広くインスタグラムで募集し、その写真をモニターで紹介します。牧野記念庭園が一年で最も花で溢れる季節に、植物を愛した牧野博士の姿を美しい色彩で描いた作品をお楽しみください。

【詳細】「関連イベント」もございます→ 続きはコチラ



QR

利用時間 9:00-17:00(企画展の場合は9:30-16:30)
火曜休園日(火曜日が祝日のときは開園し、翌日休園)、年末年始(12/29〜1/3)

HOME
スケジュール
庭園について
牧野富太郎について
交通案内 ブログ